【手首】手根管症候群

手根管症候群とは?

手根管(手の平側の手首にある)の中を走行する正中神経が圧迫を受けることで、親指、示指、中指及び環指の半分にしびれを感じたり、母指の付け根の筋肉が萎縮して握る力が弱くなります。このしびれ、痛みは明け方に強く、夜間に目を覚ます事もあります。
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。また、透析を行っている患者さんにも合併することがあります。
骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎの方にもみられます。

治療

治療方法としましては、軽症の場合、安静、装具療法でほとんどよくなりますが、重症例、特に母指球の筋萎縮が進んでいる場合は、最悪元に戻らなくなってしまいます。その場合、物をつまむ動作が制限されるため、腱移行による対立再建術を要します。手術時間も長くなり、術後のギプス固定が必要となってしまいます。