【頚部】変形性頚椎症

変形性頚椎症とは?

椎間板の退行変性に伴い、椎間板腔の狭小化、椎体辺縁の骨棘(骨に加わった刺激によって骨組織が棘状になったもの)形成などの変化が生じます。変形性頸椎症とは、これら頸椎の加齢変化に伴う頸部周囲の疼痛、こり感などの局所症状を呈した状態をいいます。さらに神経根症や脊髄症を呈するようになったものを頸椎症性神経根症・脊髄症と呼び、高齢化で比較的頻度の高い疾患です。

症状

項部(首の後側)や上背部の痛みやこり感、頸部の可動域制限などを生じます。さらに項部筋群の緊張により後頭部痛を生じる筋緊張性頭痛の原因ともなります。椎間孔や脊柱管の狭窄を生じて神経根や脊髄が圧迫され、神経症状を引き起こすこともあります。これを頸椎症性神経根症、頸椎症性脊髄症といいます。

原因

椎間板の加齢による退行変性が原因となります。椎間板の変性に伴い、椎間板腔は狭小化し、椎骨や椎間関節への負荷が増大します。その結果、椎体の上下縁やルシュカ(Luschka)関節など椎体辺縁において反応性の骨増殖により骨棘が形成されます。椎間関節は変性して狭小化し、さらには頸椎柱の配列異常などが生じます。中下位頸椎に好発し、椎間板変性の過程で、椎間可動性は初期には増加し、変性の進行に伴い減少します。

検査・診断

単純X線撮影により椎間板腔の狭小化、椎体辺縁の骨硬化・骨棘形成、生理的前彎の消失や過前彎などの頸椎アラインメント(関節などの位置関係)異常などを認めます。これらの変化自体は、程度の差はあっても基本的には加齢変化であり、必ずしも病的な所見ではなく、中高年では高頻度に認められます。これら頸椎の変性変化に起因する頸部周囲の局所症状が生じた場合に変形性頸椎症と診断されます。

治療法

項背部の痛みやこり感を軽減・解消するための対症療法を行います。薬物療法では、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などの内服や外用薬の処方を行います。理学療法では、頸椎牽引、温熱療法などがあります。