【頚部】頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症とは?

加齢性の変化により頚椎が変形を起こし、腕や手指の神経を刺激することで首や肩のあたりから腕、手指にかけてのしびれや痛みを感じます。

50歳以降の男性に多く認められ、多くの場合、上を向くような姿勢をとったり、手を下げた状態をとったりしているとしびれが増強することがあります。
逆に手を頭の上にのせると症状が緩和します。

原因

頚椎が変形して神経を圧迫することで肩から腕、背中に響くような痛みを生じます。
変形した骨が神経根に触れ、炎症が起こることで肩から腕、背中、手指にかけてのしびれや痛みを生じます。
変形があるから必ず症状がでる、というものではありません。
神経の炎症が治まり、異常に興奮した状態が治まれば症状は緩和します。

治療

リハビリ

頸椎カラーを装着し頚部の安静を図ります。

症状が落ち着いてきた後には、ストレッチや運動により、背部の柔軟性や筋力を改善させることと、姿勢や生活習慣を改善することで頸椎への負担軽減を図ります。

内服治療

内服治療には大きく2つ存在します。
炎症が主体の場合    → 抗炎症薬や痛み止めを使用して症状を緩和します。
神経の症状が主体の場合 → 神経痛を軽減するような内服(プレガバリンやミロガバリンベシル酸塩)を使用して症状を緩和します。

注射治療

痛みを軽減するような注射や、ブロック注射(神経の近くに直接薬剤を注入するような方法)を用います。

手術療法

多くの場合、上記の治療や時間の経過により症状は緩和していきますが、なかなか症状がとれず、強い痛みのために日常生活に支障を来す場合や力が入りにくくなるような麻痺の症状が出現する場合には手術をお勧めすることがあります。