【その他】線維筋痛症

線維筋痛症とは?

線維筋痛症(Fibromyalgia:FM)は慢性の広範囲な骨格系の疼痛、こわばりを主訴とし、疲労感・抑うつ・睡眠障害を伴う原因不明の疾患です。

欧米では100年以上前から知られている疾患ではありますが、日本での認知度は低く、一般医の25~30%程度しかこの病名を知らず、患者さんの9割以上が病名すら知らないとの調査報告もあります。日本では2007年現在のところ厚生労働省の調査から、有病率は人口の約1.7%、患者数は200万人程度と推定されています。全体の75%以上が女性で特に20-60歳中高年の発生率が高いと言われています。

症状

症状は、慢性的な全身痛で特に頸部、腰部などの体軸に集中する傾向にあるとされています。
また、皮膚の痛覚過敏を認めることもあり、朝のこわばりやしびれ、頭痛、微熱、過敏性腸症候群、睡眠障害などの様々な症状があります。

身体的所見の特徴

身体的所見の特徴は健常人より痛みを感じる特異的な圧痛点が存在する。
米国リウマチ学会の診断基準では18ヶ所の圧痛点があるとされている。
血液検査やレントゲン、CT、MRIや筋電図などの検査を行っても異常所見は認められません。

原因

原因はまだ未解明で、さらなる研究が待たれるところです。中枢神経の痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。
肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症することもあるのではないかとも言われています。

治療法

だれにでも効くという特効薬はまだありませんが、2012年6月22日にプレガバリン(リリカ)、2015年5月26日にデュロキセチン(サインバルタ)が「線維筋痛症に伴う疼痛」に対して保険適応の承認を取得しました。
軽い運動やリラクゼーションなどの非薬物的療法も推奨されており、患者は主治医や自分自身の身体と相談しながら、自分に合う治療をみつけていくことになります。