【手部】ギヨン管症候群

ギヨン管症候群とは?

ギヨン管は小指の付け根にあるもので、中には尺骨神経が通っています。ギヨン症候群はギヨン管の中を通る尺骨神経が圧迫されて、手に症状が現れる病気のことです。

症状

麻痺の進行により症状が違います。初期は小指とくすり指にしびれや痛みが出現します。麻痺が進行するに伴い、手の筋肉がやせてきたり、小指とくすり指が変形をおこしたり
具体的には

  • 小指とくすり指の一部にしびれや痛みがでる
  • 小指は手の甲、手のひら側の両方ともに、くすり指は手の甲、ひら側の両方で小指側の半分にしびれや痛みがでる
  • 手関節を深く曲げているとしびれや痛みが増強する
  • 手指の動きが悪い(特に小指が開けたり閉じにくい)
  • 手の甲側の指の間の筋肉が痩せこけて見える
  • 小指とくすり指が変形している(かぎ爪変形)  などです。

原因

  • 手首をよく使う仕事
  • 手関節部の骨折の経験がある方で骨折後の神経周囲の癒着
  • 長時間のサイクリングでのハンドルなどにより手関節部の圧迫
  • 加齢に伴う手関節の変形で、手首からの骨の突出(骨棘)などによる圧迫
  • 手関節から発生するガングリオン(袋状のできもの)などが神経を圧迫 などがあります。

治療

治療は、内服薬(ビタミンB12、消炎鎮痛剤)、安静(一時的な手関節の固定)、ブロック注射を行います。
スポーツなどにより過度のストレスを手関節に与えたことによる一過性の症状である場合には、これらの運動を一時中止することで神経が回復し症状の改善が得られます。
これらの治療で効果が得られない場合や指の動きが悪くなった場合には手術治療(神経の圧迫を取り除きます)を行います。