【手部】へバーデン結節

へバーデン結節とは?

指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患で、第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。この疾患の報告者の名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。変形の程度は様々です。

症状

示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。痛みを伴うこともあります。母指(親指)にもみられることもあります。関節の動きも悪くなったり、痛みのために強く握ることが困難になったりします。
ミューカスシスト(粘液嚢腫)と呼ばれる水ぶくれのような透き通ったでっぱりが、関節の近くにできることがあります。

原因

原因は不明です。一般に40歳代以降の女性に多く発生し、手を良く使う人にはなりやすい傾向があります。遺伝性は証明されてはいませんが、母や祖母がヘバーデン結節ニなっている人は、体質が似ていることを考慮して、指先に負担をかけないように注意する必要があります。

診断

視診や触診で、第1関節の変形、突出、疼痛があり、また、X線写真で関節の隙間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨棘(こつきょく)があれば、へバーデン結節と診断できます。

治療

保存療法としては、局所の安静(固定も含む)やテーピング。投薬。リハビリテーション。
急性期では少量の関節内ステロイド注射なども有効。