【肩】キーガン型麻痺

キーガン型麻痺とは?

頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症によって、頚髄の枝の第5 番の頚神経の運動神経である前枝部分だけが麻痺を起こすと、しびれや痛みはほとんど感じないのに肩関節だけが挙上できないという症状がまれに起こります。キーガン型の麻痺といわれ、神経障害ならしびれや知覚異常があるはずなのにそれがないので、整形外科医でも気がつかないことがある病気です。頚椎のMR検査などで診断します。