【その他】こむら返り

こむら返りとは?

主にふくらはぎ(場合によっては、すねやもも)などの筋肉がつることを、俗に「こむら返り」といいます。
「こむら」とは、ふくらはぎを指す古語です。
こむら返りは極めてありふれた現象ですが、そのメカニズムはまだ十分には解明されていません。
おそらくこむら返りを起こす筋肉をつかさどる運動神経に原因があるのだろう、と現在は考えられています。

症状

ふくらはぎの筋肉や神経が異常な緊張を起こし、筋肉が縮んだまま緩まない状態となり、

激しい痛みを伴う症状です。

原因

こむら返りが起こる病気には腎不全、肝硬変、運動神経系疾患、内分泌異常などさまざまなものがあります。
中でも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰椎疾患が多く、整形外科でよく扱う症状です。このような症状は健康な人にも起こります。若い人では運動後に休んでいるときや妊娠中にしばしば経験し、お年寄りの2~3人に一人は夜、眠っているときにこむら返りが起きて睡眠を妨げられていると考えられます。

対処

こむら返りが起こったら、つっている筋肉を伸ばすことがもっとも簡単な対処法です。
日頃からストレッチ体操を行っていると予防効果があります。
こむら返りを起こしやすい筋肉を1日3回ほど、特に運動前と寝る前によく伸ばすとよいでしょう。
しかし、日常生活や睡眠に支障があるほどよく起こる場合には、なんらかの病気が関係している可能性もありますので、かかりつけ医師に相談してください。