【腰部】腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

私たちの身体は、背骨によって支えられています。背骨は、頭を支えるための頸椎(けいつい)、背中を支えるための胸椎(きょうつい)、腰を支えるための腰椎(ようつい)など、24個の骨が重なってできています。これらの骨と骨の間でクッションの役割をはたしている軟骨(弾力性のある柔らかな骨)が、椎間板(ついかんばん)と呼ばれています。

椎間板ヘルニアとは、この椎間板の一部が変形して外に飛び出してしまい、神経に当たって、腰や手足の痛み、しびれなどの症状を引き起こす病気です。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛、下肢の痛みやしびれ、下肢の力が弱くなる運動麻痺、感覚が鈍くなる知覚麻痺などが挙げられます。
症状はある動作に伴って生じる場合もあれば、安静時にも痛みがあり睡眠障害を来す事もあります。
痛みが強いと跛行を生じたり、起き上がることもできず日常生活に支障を来します。
運動麻痺を伴う場合には、足首に力が入らずスリッパが脱げてしまったりします。
また椎間板の突出が非常に大きく馬尾神経全体を圧迫するような場合には排尿・排便に障害が起きる事もあります。

原因

椎間板ヘルニアの発症原因として加齢、日常生活習慣、姿勢、スポーツ活動、遺伝的要素などが関与していると言われていますが、何か一つの原因を特定する事はできません。
腰椎椎間板には、座る・前かがみになるといった姿勢や動作で体重の約2.5倍の圧力がかかります。
長時間の車の運転、中腰での作業、重いものを持つなど腰への負担が大きい作業は腰椎椎間板ヘルニアを発症したり症状を悪化させる要因となります。

治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療には保存療法と手術療法があります。
ヘルニアが突出したままでも神経根の炎症が収まれば症状は改善される事がほとんどなので、基本的には保存療法が選択されます。
また椎体後方の靱帯を突き破って突出したヘルニアは自然吸収される場合もあります。
保存療法には以下の様なものがあります。

1 薬物療法

2 理学療法

3 神経ブロック

これらの保存療法を行っても症状が緩和されない場合や、運動麻痺を伴っている場合に手術療法が選択されます。
手術は突出した椎間板を摘出する方法が主体ですが、近年では内視鏡などを用いて手術侵襲を最小限にする手技が開発されています。