巻き爪

横浜市緑区の皆様、こんな症状でお困りではありませんか?

  • 足の爪が皮膚に食い込んで痛い
  • 爪を切る時、深爪をしてしまう
  • 巻き爪がひどくて歩くのもつらい
  • 爪が分厚い、色が黒く、伸びない
  • 赤く腫れてジュクジュクして困っている

巻き爪治療風景足の爪で悩んでいらっしゃる方はとても多く、男性女性共に何らかの原因で足にトラブルを抱えていらっしゃるかと思います。特に、女性はデザイン性の高い靴や、ヒールの高いパンプスなど爪に良くない靴、足の形に合っていない靴などによって、巻き爪で悩んでいる方が多いように思われます。

また、巻き爪は、先の細くなった靴だけが原因では無く、偏平足や外反母趾、歩くことが少ない寝たきりの方も実は巻き爪になりやすいのです。

何故、巻き爪になるのか?

巻き爪になる理由足の爪は本来、丸まりやすい性質であります。親指がしっかりと地面を踏みしめて体重がかかることによって、爪が丸まらずに指に沿った形で緩やかにカーブを描いています。

爪に均等な力が地面から加わらないと、爪は浮いてしまいます。そうすると、どんどん内側に巻いてしまい、見た目が悪いだけでなく、激しい痛みや炎症を引きこし、化膿してしまう場合もあります。

そして、痛い足をかばいながら生活をするので、足以外にも膝や腰まで痛めたり、歩き方が悪くなったりします。

普通に歩いていても爪が巻いてしまうのは、指がきちんと地面を踏んでいない事も理由の1つです。指先が浮いたままペタペタと歩く癖のある方(浮き指)、寝たきりの方などがそうです。

巻き爪の種類で最も多いのが、爪が周りの皮膚に食い込み、痛みが生じる陥入爪(かんにゅうそう)です。

その他にも、爪が皮膚を挟み込むようにして「の」の字型に巻き込んでしまう弯曲爪(わんきょくそう)や、年配の方に多い、爪の外側が異常に分厚くなり、ツノのように硬くて分厚い爪になってしまう爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)があります。

当整形外科での治療法

巻き爪に器具をつけている風景当整形外科では、BSスパンゲによる巻き爪の治療を行っております。

巻き爪の治療は色々ありますが、皮膚などを傷つけず、爪を無理なく自然な形に整えるBSスパンゲという巻き爪専用の矯正器具を使用して、爪を正常な形へ整えていきます。

BSスパンゲとは、ドイツの「Bernd Stolz社」が開発した形状記憶矯正板(特殊なプラスチック製の平らなスプリング板)で、爪の表面に装着し、このプラスチック板が元に戻ろうとする力を利用して、優しくソフトに爪を広げていきます。どこかある部分だけが強く圧迫されて痛い、ということはありません。

短時間で、安全に固定することができます。また、爪の周りの皮膚を切ったり、傷つけたりするようなこともありませんので、安心です。

BSスパンゲを使用するメリット

このような方におすすめ

  • 軽度から中度の巻き爪に最適(出血や炎症の状態による)
  • 皮膚や爪が弱く、なるべくソフトに矯正したい方
  • 手術をしたが再発してしまった方

特徴

  • 様々な巻き込みに対応可能
  • 装着時、装着後の痛みや違和感も少ない
  • 器具が薄く、半透明で目立たない
  • 日常の生活に支障がない(軽い運動、入浴も可)

爪の状態や矯正の状況などもございますので、まずはご来院していただき、詳しくお話をお聞きしながらカウンセリングを行います。
不安や疑問点などございましたら、遠慮なくお聞きください。

自分の爪が巻き爪なんだと気が付いていらっしゃらない方も多く存在します。
何科に行けば良いのだろうとお悩みなら是非、当院の整形外科へお越しください。