【手部】狭窄性腱鞘炎

狭窄性腱鞘炎とは?

手関節部狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)とも言います。
短母指伸筋腱、長母指外転筋腱はともに背側第1コンパートメントという腱鞘内を走行しており、母指の使いすぎによる摩擦のために炎症が進み、この腱鞘自体が肥厚したり、腱が肥大したりして通過障害をひき起こします。
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です

手指の屈筋腱腱鞘炎と同様に、痛みだけの軽いものから、弾撥現象を伴ったもの、更には腱自体の動きがなくなり指が動かせなくなったものまで様々な病態を呈します。そのため、状態に応じて適切な治療が必要になります。

治療

安静

完全に安静を取ることは難しいため、テーピングや装具固定を行ったり、リハビリテーションを必要とすることも多々あります。

腱鞘内注射

ドケルバン病の場合、腱走行がいくつかの隔壁で分かれていることが多く、適切に注射するのに解剖学的知識を要します。

手術 腱鞘切開術

手術まで行う事は比較的まれですが、病態が進んだものや複数回注射をしてもよくならないものには適応となります。