【股部】変形性股関節症

変形性股関節症とは?

変形性股関節症とは、股関節の形が変形していく病気です。
原因は股関節の形が元々異常であるところから発症、老化による変形などが考えられます。股関節の形が元々異常の場合は、約90%が先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全によるものです。
男性より女性のほうが関節が緩く、筋力が弱いため、女性のほうがかかりやすい疾患と言われています。

症状

変形性股関節症は変形の程度によって初期、進行期、末期に分けられます。
初期には脚の付け根や臀部、膝の上部のこわばりや重い感じがあり、歩き始めや長時間の歩行、階段の昇降で痛みが起こります。腰からのいわゆる坐骨神経痛や変形性膝関節症に症状が似ている場合があります。初期でも炎症が強く関節液がたまっていたり、関節唇が損傷されていたりする場合には比較的に強い痛みがあります。
変形が進行し進行期から末期になるにつれ、動きが制限されて痛みも強くなり、筋力も低下してきます。長距離の歩行や階段の昇降、しゃがみ立ちが困難になるなど徐々に日常生活が制限されてきます。

治療

まず、消炎鎮痛剤の服用や筋力トレーニング、体重管理などの保存療法を行いますが、保存療法では痛みが耐え難い、進行を止められないなどの場合は、股関節の状態により、変形性股関節症とされる骨の部分の切り取り術、股関節固定術などを行います。