【膝部】変形性膝関節

変形性膝関節症とは?

膝関節にあるクッションである軟骨がすり減ることで炎症や変形が生じて、膝に痛みが生じる病気です。男女比は1:4で女性に多いことが分かっています。
変形性膝関節症は、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因となる病気の1つで、変形性膝関節症による膝の痛みを抱えている人は、国内だけでも推定1,000万人にも上ると言われています。

症状

変形性膝関節症の主な症状は、膝の痛みと水がたまることです。また、症状の段階によって重症度も異なります。

初期

立ち上がった時や歩き始めるときなどの膝を動かし始めたときに痛みが生じますが、安静にすることで痛みは改善し、その程度も軽度です。

進行期

初期に比べて痛みの頻度や程度が増悪し、正座やしゃがみこんだ時、階段の昇り降りがつらくなり、膝関節の動きが一部制限をされる状態です

末期

膝が完全に曲がらない・伸びきらない状態になり歩行が困難となり日常生活に支障をきたすようになります。

原因

性別と年齢

変形性膝関節症は、基本的に加齢に伴って起こる疾患になります。一般的に40歳前後から始まるとされており、50代から60代での発症が多く、男性よりも女性の方が発症する割合が多いといわれています。加齢の影響で、膝周りの筋力が低下してくることが要因の一つとして挙げられます。

体重と体質

変形性膝関節症による軟骨の変化は、内側に起こりやすくO脚変形が生じやすくなります。また、肥満の方はそれだけ膝への負荷が大きく、発症や増悪に関係していると考えられています。また、閉経後の女性のホルモンバランスの影響を指摘する研究結果もあります。

治療

症状が軽い場合は、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋の強化や関節可動域の改善などの理学療法(リハビリテーション)を行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。

膝の屈伸で痛みが生じる場合は、膝の角度を維持した状態での筋力訓練も有効的です。
リハビリで改善が見られない場合は、関節鏡手術や人工膝関節置換術などを行う場合があります。