【肘部】肘頭滑液包炎

肘頭滑液包炎とは?

肘頭の先端の腫れ、発赤、痛みを特徴とする状態のことである。根本的な原因が感染によるものである場合は、発熱を生じる可能性がある。状態は比較的一般的であり、滑液包炎の一種であり最も頻繁にみられる種類である。

原因

肘への圧力や外傷、感染症、関節リウマチや痛風などの特定の病状などの結果として発症する。

治療

治療は、さらなる外傷の回避、圧迫包帯、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)である。感染の懸念がある場合は、液体を排出して検査する必要があり、通常は抗生物質が推奨される。他の方法で効果がない場合は、手術を行う場合がある。