【膝部】オスグットシュラッダー病

オスグットシュラッダー病とは?

オスグッド・シュラッター氏病(以下、オスグッド病)は小中学生の男子に多い膝のオーバーユースによる成長期スポーツ障害の代表的な疾患です。成長期は急激に身長が伸びて骨も急成長を遂げますが、残念ながら筋や腱などの軟部組織は同じよう伸びて成長しません。結果的に硬い身体になってしまう時期でもあります。そのために生じる大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の柔軟性低下を契機に、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面に加わります。成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して痛みます。

症状

ポーツ動作全般で発生しますが、特にジャンプ動作(バレーボールやバスケットボールなど)での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作(サッカー)で起こりやすく、膝蓋骨下方にある脛骨粗面に限局した疼痛と強い圧痛が主症状です。局所の熱感や腫張、骨性の隆起が認められます。ジャンプ時の疼痛が原因でジャンプ力が低下したり、ダッシュ時の疼痛でタイムが低下したりするなど、スポーツ能力の低下に直結しますが、急性外傷(突発的なケガ)ではないためにスポーツ休止の判断が難しく、現場では疼痛を抱えながらもスポーツ活動を継続している選手を多く見かけます。

治療

応急処置はアイシングが最も有効です。疼痛には消炎鎮痛薬(外用内服)や超音波、低周波などの物理療法なども効果がみられます。予防には大腿四頭筋のストレッチングが最も重要で、オスグッド用の膝サポーターも有用です。まれに骨片摘出術やドリリング術(でっぱった骨に穴を開けて出血させ、リフレッシュさせる。骨穿孔術ともいう)を行います。