【肘部】離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎とは?

投球による肘傷害を総称して『野球肘』といいます。骨・軟骨や靱帯・筋腱付着部の傷害が含まれますが、部位により内側型と外側型に分類されます。『内側型』野球肘は内側靱帯・筋腱付着部の傷害や尺骨神経の麻痺が主体で長期的な経過は比較的良好ですし、投球しながらの治療も可能です。それに対して、『外側型』野球肘は発育期では離断性骨軟骨炎が中心となります。離断性骨軟骨炎は投球による微少外力の蓄積によって外側の骨軟骨がはがれてくる“病気”です。頻度は内側型に比べ少ないですが、長期間(半年から場合によっては1年半以上)の投球動作の禁止を強いられることになります。

原因

野球肘の原因は、野球で繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることです。特に投手(ピッチャー)は、投球動作を繰り返し、肩や肘に繰り返しストレスが加わり続けます。

野球肘は、「成長期の小中学生」に多いスポーツ障害です。大人の成熟した骨に比べて、成長期の子どもは骨が柔らかく、関節軟骨も脆弱で、繰り返されるストレスに弱く、損傷が起こりやすいです。だから、成長期に多いスポーツ障害になります。

野球肘の症状は、野球の投球時や投球後に肘が痛くなります。また、肘関節の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなったり、痛みによって肘が動かなくなることもあります。

治療

野球肘(離断性骨軟骨炎等)と診断された場合は、投球動作を中止して、肘の安静を徹底します。

痛みなどの症状が安静によって落ち着いた後に、リハビリテーションにて、肘関節の運動にて可動域改善や筋力強化を行い、スポーツ復帰へのサポートを行っていきます。

再発予防の為には下記の管理・指導が重要です。

  • 過剰に繰り返される投球動作
  • 肘にストレスがかかるフォームや身体機能

肘の痛みの症状や肘の状態によっては手術が必要になることもあります。その場合は、外科的治療が選択されます。