【肘部】肘内障

肘内障とは?

子供が手を引っ張られた後などに、痛がって腕を下げたままで動かさなくなります。

肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こります。
多くは、5歳以下の子供にみられます。

症状

2〜6歳くらいのお子さんによく起きる症状です。腕を引っ張られた後に腕を動かそうとすると痛みが生じ、腕を下げたまま肘を曲げようとせず、触れれることを嫌がることもあります。

原因

肘の靭帯から肘の外側の骨が外れかかることによって生じます。

治療

骨を正しい位置に戻す整復術を行います。