【肩】肩こり症

肩こり症とは?

首から肩・背中にかけての筋肉がこわばり、だるさ、重さ、疲労感、ときに痛みを感じる症状が肩こりです。関係する筋肉は様々ありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅の広い筋肉がその中心となります。厚生労働省の「国民生活基礎調査(平成28年)」によると、女性が感じる自覚症状の第一位が肩こりで、男性でも第2位に上がっており、日本の国民病とも言える多い疾患です。大阪市港区整形外科河村医院でも肩こりによる受診は少なくありません。

症状

首から肩・背中にかけての筋肉がこわばり、だるさ、重さ、疲労感、ときに痛みを感じる症状が出て、頭痛やめまい手のしびれなども肩こりが原因で起こることがあります。
肩こりは、生活習慣が原因となることが多いですが、他の病気が原因で起こることがあります。

生活習慣が要因となる場合

姿勢の悪さや運動不足・ストレスが要因となって、肩こり痛が起こりやすくなります。
この時、頭痛やめまいを伴うこともあります。ただ、生活習慣を改善することで回復が見込めます。

他の病気が要因となる場合

五十肩(肩関節周囲炎)や頚椎症・椎間板ヘルニアなど肩や首周りの関節や神経の病気が原因で肩に強い痛みが出ることがあります。
また、糖尿病や高血圧症など内科系の疾患も肩こり痛とともに頭痛やめまい、吐き気を伴うことがあります。

原因

一言に肩こりと言っても、生活習慣によるものから内臓疾患に至るものまで、原因や種類は多岐に渡ります。
一般的には、首や背中が緊張するような姿勢での作業、長時間連続して同じ姿勢をとる、運動不足などが主な原因となり、精神的なストレスや冷房などによる冷えも要因となることがあります。

治療

薬物療法

筋肉の緊張をほぐすために筋弛緩剤や痛みを和らげるために非ステロイド性消炎鎮痛薬を使用します。
また、症状が改善しない場合は神経ブロック注射やより効果の強い薬剤の処方を行うことがあります。

理学療法

筋肉の血流を改善するマッサージ療法や、音波や温湿布を用いて患部を温めることで血行を良くする温熱療法、肩こりに効くストレッチや日常生活の指導を行う運動療法が挙げられます。肩の一部を構成する肩甲骨の機能改善を目的としたリハビリも効果的です。