【頚部】ストレートネック

横浜市緑区の皆様、こんな症状でお困りではありませんか?

  • 肩こりがひどい
  • 長時間パソコン作業が続くと頭痛がする
  • 姿勢が悪く、特に頭が前に出ている
  • 首が痛くて上を向けない
  • 首から肩甲骨の間にかけて長時間座っているとハリや重だるさ、痛みがでてくる

ストレートネックとは?

首の骨(頚椎)は本来、生理的な弯曲といって身体の前方に突き出す弓なりのカーブを描いています。様々な理由によりそのカーブが失われて、定規を当てたように頚椎の並びが真っすぐになった状態を「 ストレートネック 」と呼びます。

症状

成人の頭は体重の約10%ほどの重さがあるといわれています。ストレートネックになり頭が前に出るとバランスを取ろうとして首の筋肉が緊張し続ける状態となり首にとっては大きなストレスとなってしまいます。このストレートネックを放置していると様々な症状が出現します。

  • 普段から首こり・肩こりを感じやすい
  • 腕や手のしびれが気になる
  • 長時間のデスクワークが多い
  • 猫背を自覚している
  • 目が疲れやすい・ドライアイ
  • やる気が起きない
  • 寝つきが悪い

これらに心当たりがある人はストレートネックかもしれません。

原因

長時間のデスクワークやスマートフォンの利用、読書、高すぎる枕、電車での居眠りなどが挙げられます。
しかしストレートネックの最大の原因は「猫背」とも言われています。

腹筋や背筋の働きが弱いと骨盤が後ろに傾き、腰骨(腰椎)の生理的前弯が無くなり真っすぐになります。それにつられてその上の背中(胸椎)が猫背になり、さらにその上の頚椎は頭の重みで前に倒され伸ばされる。すると簡単にストレートネックが完成してしまいます。
ストレートネックを放置していると加齢とともにその形のまま変形してしまい、元に戻すことが難しくなるため早めに対策しないといけません。

治療法

画像所見上のまっすぐになった頚椎は簡単には元に戻らない、と考えています。
それに伴う諸症状については、いくつかの治療と予防が主たるものになります。
まず、予防ですが生活における姿勢の見直しを図り、姿勢の改善を意識しましょう。
原因となる他の疾患が無い場合は、対症療法となります。
前述したストレッチを軸に、痛み止めの飲み薬や貼り薬、時に筋肉への注射などを行います。