【その他】肉離れ

肉離れとは?

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。

肉離れを予防するには、突然強い強度の運動に入るのではなく、準備運動をしっかりと行い、徐々に強度を上げていくことが大切です。また、筋断裂と呼称される場合もあります。

症状

肉離れは、ダッシュをする際などに突然発症します。肉離れを起こした瞬間に、筋肉の断裂音として「ぶちっ」、「ばちっ」といった音が聴こえることもあります。

また、断裂を起こした筋肉に痛みが生じます。痛みは、伸ばしたときや力をかけるときに増強します。そのため、太ももやふくらはぎに肉離れが生じると、体重をかけることで痛みが強くなり、うまく歩くことができなくなってしまいます。

肉離れを起こすと、見た目の変化を伴うこともあります。たとえば、断裂した部位がへこんだり、内出血を伴ったりすることがあります。

原因

肉離れは、筋肉が急激に収縮する場面において発症します。筋肉が伸び縮みすることによって、ダッシュをしたり、ものを持ち上げたりすることができます。

しかし、筋肉の伸び縮みに、筋肉の繊維がうまく対応できない場合、筋肉が断裂し、肉離れが生じます。

治療

肉離れを発症した際には、応急処置を行います。具体的には、該当部位を

  • 冷やす
  • 圧迫する
  • 挙上する

といった対応をとります。こうした処置により局所の負担を減らし、断裂や出血の増悪を防ぐことができます。

治療法ですが、基本的には保存療法で治癒します。痛みがとれるまでは安静にし、ジャンプやダッシュなどは控える必要があります。また、重症度により、湿布、ぬり薬、内服薬などが用いられることがあります。