膝の痛み

横浜市緑区の皆様、こんな症状でお困りではありませんか?

  • 膝の痛みが強く、水が溜まる
  • 椅子から立ち上がる時に痛む
  • 膝の痛みやこわばりを感じる
  • よく歩いた日は膝が痛む
  • 膝の変形や腫れが気になる

膝の治療風景膝の痛みは年齢を重ねてくると感じやすい痛みですが、30代、40代と若い年齢の方でも、スポーツや肉体労働などで膝に負担がかかり、痛みや腫れが生じることがよくあります。

膝の痛い方はよく、膝にたまった水を抜いたりしていると思います。

水を抜くとクセになる、などと聞いたこともありませんか?クセになるから水を抜くのを躊躇されていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

毎回、水を抜いたり、痛み止めの注射をしても、膝の痛みや炎症がなかなか良くならず、悩んでいる方は、ぜひ、当整形外科内科医院にお問合せ下さい

何故、膝の痛みや炎症が起きるのか?

膝の関節は、太ももの骨とスネの骨、そして膝のお皿から成り立っています。そして、関節のまわりには靭帯と筋肉が覆われており、膝の安定性を保っています。関節を滑らかに動かす為、クッションのような役割を持った軟骨が周りを覆っています。

軟骨は耐久性がありますが、加齢や、仕事やスポーツで膝に負担がかかり、関節を保護する軟骨がすり減り、炎症が起きます。

膝に水が溜まるのは、目にゴミが入ったら涙が出るように、風邪をひいたら鼻水が出るように、膝も使いすぎると水を出して関節が滑らに動きやすいようにクッションの役割を果たそうとします。

膝の水を抜いたり、ヒアルロン酸などの注射も効果はありますが、軟骨のすり減りが元に戻るというわけではありません

当院では、患者様のご希望にあわせて、複数の治療をご提供しております。
患者様の意思を尊重致しており、希望をお聞かせいただいた上で、リハビリや専門医のご紹介など複数の選択肢をご提供致します。